2008年07月23日

ホイコーローを作る

回鍋肉(ホイコーロー)は人気のある料理でお好きな人も多いです。「回鍋肉」の名前の由来は、最初鍋で加工した肉を再び鍋に戻し調理するという意味になります。通常肉は豚肉の塊を使いますが、これを中華鍋の湯で茹でて、一旦あげてから薄く切り、他の野菜とともに調味料をからめていためます。

これを肉からゆでると結構手間ですので、超簡単回鍋肉(ホイコーロー)の作り方を紹介しますね。これは料理研究家のケンタローさんがNHKの今日の料理で紹介したレシピをベースにしたものです。いつものことですが、私の作りやすいように多少アレンジしてます。

豚肉は市販のバラ肉の薄切りをそのまま使います。これで大体10分くらいでできますので、夕方忙しい時には大助かりです。

【材料】(3人前)
・豚バラ肉  200g
・キャベツ  300g
・にんじん  4〜5cm
・赤ピーマン 2〜3個
(青ピーマンで可)
・ごま油   大さじ 2
・にんにく  1片(みじん切り)  ・赤とうがらし 2片
・しょうが  1片(みじん切り)  ・塩、こしょう 適宜

【合わせ調味料】(混ぜ合わせておく)
・酒        大さじ 3
・八丁みそ     大さじ 1.5
・砂糖       大さじ 1.5
・すりごま(黒)  大さじ 1  *白すりごまでも可
・オイスターソース 小さじ 1.5
・しょう油     小さじ 1.5
・豆板醤      小さじ 1

【作り方】
1)中火でフライパンにゴマ油、にんにく、しょうがを入れて香りを出します。
2)豚バラ肉を加え、塩、こしょうを適宜振る。
3)赤とうがらしを入れる。
4)にんじん⇒赤ピーマン⇒キャベツを順に加えいため、合わせ調味料を加えて全体に絡める。

ポイントはあまり野菜をいためすぎずに、野菜のシャキシャキ感も少し残しておくとおいしく感じます。八丁みその風味と豆板醤の辛味が絶妙でほんとにごはんが欲しくなる一品です。お試しあれ。

以下サイトも参考にどうぞ
緩い生活
ブランドもの大好き
毎日ドキドキ日記
人生萌えて生きる
からす日記
チャッピーの不条理日記
お金持ち日記
にゃおん日記
お富やんのつり革広告日記
みいのダイエット日記

八太郎日記
経済マガジン
未来を信じて悩み事を吹き飛ばそう
セカンドライフを楽しもう
健康食品
資格マニア
山田の日記
ラベル:料理 中華
posted by KEI at 11:51 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今名古屋場所は稀勢の里は調子悪し?

今名古屋場所は稀勢の里は調子よくありません。今日は大関戦千代大海との一番ですが、今日勝たないとダメですよ。

思わずためいきが出てしまいました。

せっかく土俵際まで押し込みながら逆襲されて押し出されてしまいました。千代大海も大関在位が貴の花を抜いて史上1位になりましたので、決してあなどれないのは確かですが・・・。

稀勢の里は横綱審議委員・脚本家の内館牧子さん(59)は大のお気に入りと聞いてます。多分私と視点が似ているからでしょうか。今横綱に勝てそうな期待できる力士は稀勢の里だけですからね。ともかく早く関脇、大関に昇ってほしいものです。

横綱に勝てたのに大関に勝てないのが相撲のおもしろいところです。だれにでも横綱にかつチャンスはありますが、逆にいえば下位の力士との取りこぼしもあるということ。

だから本当に強い力士しか幕内最高優勝に手が届かないということなのでしょうか。「幕内最高優勝」という響きがいいですね。普通なら単に優勝でしょうが、「最高」がつくことでさらに権威がでてくるような気がするので不思議です。

朝青龍の巡業サボリでモンゴルでサッカーしてたとか八百長疑惑、時津風部屋の不祥事とか大相撲にはいろいろ問題があるのは確かですが、それでもこの日本の国技には魅力がいっぱいです。

長くても1〜2分で勝負があっという間につくというところに、格闘技では珍しくいろいろな勝負の要素が凝縮されてます。

だから心技体が充実していないとこの世界で好成績は残せないのかもしれませんね。

以下サイトも参考にどうぞ

横浜にっき
ウミガメ日記
山歩き大好き
雨の御堂筋
琵琶湖日記
野良猫日記
笹かまぼこ日記
一年日記
所沢好き
若気の至り

蕎麦はごついのが好き
軽井沢っていいよね
はいよお!!
山のホテルが好き
わたしのブログ
アンナミラーズ大好き
愛が足りない子"
三度の飯は旅行先で
赤影ブログ
体に良いブログ
ラベル:相撲
posted by KEI at 11:47 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

アクリルたわしは優れもの

アクリルたわしを使っている家庭も多いでしょう。

最初は風呂用スポンジを使っていたのですが、主人の使い残しのせっけんが大量に放置してあって邪魔だったので、だったらこれをあのたわしに詰めて使えばいいんじゃないかとふと思ったのです。

力を入れてこすらなければ落ちないようなカビやザラザラや、いろんな汚れが面白いようにするする落ちる!
風呂椅子の裏のこびりつきなんて、薄皮がぺりっとはがれるように一気に落ちるし、ついつい面白くて天井(手の届くところだけ)までこすってしまったほど。
もう本当におすすめです。素手で触っても平気だし。

以前大量生産したアクリルたわし、そのうちの袋に編んだやつを、お風呂掃除に使ってみました。

それをすべて目と手と日光が届くように並べ替えました。なかなかの重労働だったのですが、門からアプローチを進む間に、花や虫のチェックができて、私にもバラにもお客様にもずいぶんよくなりました。風通しもよくなったし。

庭のほうもだいぶすっきりしてきました。
毎日長時間はかけられないので、気が付いたときに気が付いたことをちょこっとやる程度ですが、塵も積もればというやつで、雑草はずいぶん減ったし、通れない場所もほとんどないし、昨日は鉢を一気に整理して、鉢スペースもほどよくなりました。

いままでバラは玄関ポーチをメインにかためて、おさまらないミニバラなどの小さい鉢はクレマチスと並べて置いていたのですが(ちょうどクレマ鉢の間に置くのにちょうどよかったので)、それだと玄関のバラには日があまり当たらないし、クレマに埋もれたバラには手が届かず世話が行き届かない状態でした。しかもあんどんの陰になった子は、咲いてもちっとも見えなくて可哀想。

ついでに根づいてしまったローズマリーも発見したので、早いとこ植え替えてあげようと思います。1m以上もあるのに5号鉢のままでがんばってるの知らなかった。

暑くなる前にいままでさぼっていたいろんなことを、できるかぎりやっていこうと思います。
ジャングルも嫌いではなかったんですけどね。

posted by KEI at 21:08| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

生ゴミについて

うちの生ゴミを上手に処分できないかといろいろ考えていましたが、やはり肥料にするのが最もいいだろうと・・・。

最初は「土コンポスト」について勉強しましたが、インターネットでミミズコンポストを検索するとたくさん出てきます。本も売られています。何冊か図書館でも借り手きました。どれも簡単に出来ると書いてありますが、ミミズは生き物です。失敗して全滅でもしたらかわいそうです。

最近私の住む町でも、町内会の回覧板でコミュニティー講座で「輪側の生ゴミ減らし隊」という講習がありすぐに申し込みしました。

先般その講習会に参加してきました。受講者は何と60名。平均年齢は少し高めでしたが、皆さん熱心に聴いてました。

これなら失敗しても土に埋めてしまえばわからなくなります。段ボールコンポストは2種類あります。

  1)落ち葉に生ゴミを入れる
  2)ピートモスともみ殻くんたんに生ゴミを入れる

落ち葉を買うのも変だし、集めるのも大変だと思い、2)でやってみることにしました。

 やってみるととても簡単でした。あまりにも簡単なので、拍子抜けです。段ボールコンポストは参考にする本やホームページが少ないです。唯一見つけたホームページを右に掲載しておきます。
ラベル:生ゴミ
posted by KEI at 16:10| Comment(9) | TrackBack(0) | 生ゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。